集客・売上に役立つ出版の方法

仕事につながる出版をするためには、企画の立てる段階からしっかりと考えないといけません

集客・売上につながる出版をするために

出版した本から集客・売上を加速させるための導線を引く

投稿日:2014年8月5日 更新日:

本を出版したからといって集客できるのは、ごくわずかです。

もちろん、出版する企画の問題もありますが、ほとんどの場合が集客するための導線が引かれていません。

 

せっかく出版して、読者に喜んでもらい、信頼関係が築けたとしても、それで終わってしまってはもったいないですよね。

 

では、どうすればいいのかということですが、一番、重要なのは、著者プロフィールのページにメールアドレスやホームページ、ブログのアドレスをちゃんと掲載するということです。

意外にも、こういう基本的なことをしていな著者さんが多かったりします。

 

次に、質問やお問合せを受け付ける旨を記載しておくこと。

質問やお問合せを煩わしいと思う方がいらっしゃいますが、皆さんが思っているほど来るわけではありません。

また、来たとしても、その方をしっかり対応することで、よりファンになってもらいやすいのです。

 

あとは、読者特典を用意して、本を購入した読者全員にプレゼントを提供するというもの。

プレゼントは、テンプレートやマニュアル、動画、音声などで構いません。

いずれにしても、お得感を感じてもらえる特典を用意しておけば、そのためにメールアドレスを登録してくれますし、その後、メルマガを配信したとしても、その内容に満足してもらえていれば、不快感を与えることはないでしょう。

 

他にも、販促としてアマゾンキャンペーンを行うというのも、集客することを考えれば、やっておくべきだと思います。

 

いずれにしても、読者と接点を増やす工夫をしましょう。

それは、連絡をもらいやすくすることであり、こちらからも連絡できるようにするということです。

 

ad

ad

-集客・売上につながる出版をするために

執筆者:

関連記事

継続的に出版して集客・売上を加速させる

出版して集客をするのであれば、一冊ではほとんど意味がありません。 継続的に出版をして、集客をしながら、自分の専門領域を獲得していく必要があります。   そのためには、著者として軸を決め、それ …

集客・売上を加速し続けるために継続的に出版するしくみを作ろう

出版は、一冊、出版すれば、そこそこ集客できます。 しかし、その集客は一過性のもので、半年もすれば、その効果は無くなってしまいます。 かといって、継続的に出版するためには、最初の一冊が売れていなければな …