集客・売上に役立つ出版の方法

仕事につながる出版をするためには、企画の立てる段階からしっかりと考えないといけません

集客・売上につながる出版をするために

集客・売上を加速し続けるために継続的に出版するしくみを作ろう

投稿日:2014年7月17日 更新日:

出版は、一冊、出版すれば、そこそこ集客できます。

しかし、その集客は一過性のもので、半年もすれば、その効果は無くなってしまいます。

かといって、継続的に出版するためには、最初の一冊が売れていなければなりません。

 

ということは、“本を売るしくみ”と“本を出すしくみ”を持つ必要があるということです。

 

では、その二つの仕組みをどう構築していくのかですが、そのためにはメルマガとセミナー開催が必要不可欠となります。

ソーシャルメディアや検索エンジンからメルマガの登録を増やし、そのメルマガで出版したい内容のアンケートやネタ出しなどで反応を見て、実際にセミナーを開催し、そのセミナーで話しの流れなどを確認して、出版。

メルマガで本の販促を行い、本から新たなメルマガ読者を獲得して、また次の出版したい内容のアンケートやネタ出しを行う。

この流れをグルグル回しながら、その規模を拡大していくということです。

 

この流れは、非常に効率的に継続的な出版をするための“本を売るしくみ”と“本を出すしくみ”が組み込まれております。

是非、試してみてください。

 

ad

ad

-集客・売上につながる出版をするために

執筆者:

関連記事

no image

継続的に出版して集客・売上を加速させる

出版して集客をするのであれば、一冊ではほとんど意味がありません。 継続的に出版をして、集客をしながら、自分の専門領域を獲得していく必要があります。   そのためには、著者として軸を決め、それ …

no image

出版した本から集客・売上を加速させるための導線を引く

本を出版したからといって集客できるのは、ごくわずかです。 もちろん、出版する企画の問題もありますが、ほとんどの場合が集客するための導線が引かれていません。   せっかく出版して、読者に喜んで …