集客・売上に役立つ出版の方法

仕事につながる出版をするためには、企画の立てる段階からしっかりと考えないといけません

集客・売上につながる出版企画の立て方

集客・売上を加速させるための出版企画の立て方

投稿日:2014年7月16日 更新日:

出版して、集客につなげたいと思ったら、何でもかんでも出版したらいいわけではありません。

とくに一般書で出版することは避けるべきです。

理由は簡単、一般書は一般の人、つまり、不特定多数が読む本ということになります。

何でもそうですが、不特定多数に告知しても、集客にはつながりませんよね。

 

では、どんな本を出すべきかというと、専門書です。

自分自身が何かしらの専門家として、読者の役に立つ本を出版するようにしてください。

ポイントは、絶対に読者に喜んでもらい、読者の信頼を得ることです。

決して、「続きはWebで!」みたいな、読者をガッカリさせるような本は出版しないでくださいね。

 

専門書で出版するということは、本屋さんにそのジャンルの棚が存在するということです。

では、あなたの集客したいビジネスのターゲットは、どの棚に行くと思いますか?

ここでのポイントは、あなたが出したいジャンルの棚ではなく、あくまでもビジネスのターゲットが行く棚を選択することが重要ということです。

そして、そのターゲットが出版企画書での読者ターゲットということになります。

 

そして、あなたの専門性を活かして、その棚に来る人のどんな欲求を満たし、どんな悩みを解消できるか考えてみましょう。

本は、何かしらの欲求を満たすためか、悩みを解消するためでなければ、専門書は買われません。

逆に言えば、その棚でターゲットの方に本を買っていただくためには、その棚に来る人の何かしらの欲求を満たすか、悩みを解消するような本でなければ、買っていただくことはできないということです。

それが、出版するべき企画になります。

 

あとは、その読者の求心力を高めるために、どんな人が書くべきかを考えて著者プロフィールを作り込み、その人たちに理解してもらえるための論調や立ち位置、文体を決めていきましょう。

それが企画の切り口になります。

 

ここまで決まれば、あとは企画書を作って、出版社に売り込むだけですね。

こういう考えで出版した本は、読者との信頼関係をキッチリと構築し、すでにファン化した読者だけを集客してくれるはずです。

 

ad

ad

-集客・売上につながる出版企画の立て方

執筆者:

関連記事

誰が語るかが、集客・売上を加速させる出版では重要なポイント

集客につながる出版をするためには、大前提として、読者との信頼関係を築かなければなりません。 逆に言えば、そのことについて、誰が語るのかが信頼される最大のポイントと言えます。   誰が語るのか …