集客・売上に役立つ出版の方法

仕事につながる出版をするためには、企画の立てる段階からしっかりと考えないといけません

集客・売上につながる出版企画の考え方

集客・売上を加速させるには、2つの視点で出版企画の優位性をアピールする

投稿日:2014年7月7日 更新日:

出版企画を考える場合、ついつい自分がアピールしたいことを優先してしまいます。

しかし、そのアピールポイントが、読者にとって魅力と感じない、もしくは読者に気づかれていないとなると、全く意味がありません。

かと言って、読者のニーズを優先してしまうと、あなたらしさがなくなってしまい、あなたが書く優位性が損なわれてしまいます。

 

では、自分の優位性をアピールして、読者に選ばれる企画を考えるためにどうすればいいのか?

 

それは…

  • 読者視点
  • 自分視点

この2つの視点で企画をブラッシュアップしていきましょう。

 

この2つの視点で企画をブラッシュアップした結果、書店に置かれるであろう棚に置かれている他の書籍と比較して、唯一無二の企画になっていることが重要です。

 

ただし、読者視点で考えた場合、“価格”というものも優位性をアピールする項目として考えられますが、あえて“価格”は外してください。

“価格”を入れてしまうと、どうしても価格競争に巻き込まれてしまい、安い定価を設定せざるを得ない状況になります。

その結果、印税も安くなってしまい、自分の実入りに確実に影響しますからね。

ad

ad

-集客・売上につながる出版企画の考え方

執筆者:

関連記事

no image

集客・売上を加速させる出版企画の考え方

集客につながる出版企画の考えてみましょう。   出版する本は、メディアです。 メディアということは、ある意味ではツールなんですね。 ツールである以上、目的を達成させるためのモノでなくてはなり …

no image

集客・売上を加速させる出版企画とは

出版の企画を考える場合、ベストセラーを狙うのか、仕事につながる本を狙うのかで、企画の考え方が違います。   最初からベストセラーを狙うのであれば、本屋さん以外でも拡散されるような企画を考えま …