集客・売上に役立つ出版の方法

仕事につながる出版をするためには、企画の立てる段階からしっかりと考えないといけません

集客・売上につながる出版の目的

出版を通して集客・売上を加速させるために、何を訴求したいですか?

投稿日:2014年6月16日 更新日:

出版をして集客につなげようと思った場合、先に考えなくてはならないので、集客する先です。

もちろん、その先はあなたのビジネスなのでしょうが、ここでいう先というのは、集客する人たちの目的を何にさせるのかということになります。

 

それは、“著者”なのか、“ノウハウ”なのかです。

 

あなたに会いたいと思って来ていただくのか、そのノウハウを知りたいと思って来ていただくのか…。

同じ集客でもお客様の目的によって、出すべき内容が変わってきます。

 

そして、どっちを目的にさせるかによって、その後の使い方も変わってくるんです。

 

講演なのか、セミナーなのか、バックエンドの販売なのか、弟子をとりたいのか…。

これらの使い方も、“著者”なのか、“ノウハウ”なのか、どちらにフォーカスさせるかによって変わってきます。

 

なので、まずは使い方を考え、その使い方をするためには“著者”と“ノウハウ”のどちらをアピールするべきなのかを考えてください。

それによって出版するべき企画も大きく変わってくるはずですからね。

 

ad

ad

-集客・売上につながる出版の目的

執筆者:

関連記事

集客・売上を加速させるために出版の目的をから使い方を考えよう

出版する目的を考える場合、その本をどう使って、どこに誘導するのかを考えます。 いくつか本の使いかを紹介しますので、参考にしてみてください。   ●弟子を募る よく協会ビジネスをされている方な …