集客・売上に役立つ出版の方法

仕事につながる出版をするためには、企画の立てる段階からしっかりと考えないといけません

集客・売上につながる出版企画の考え方

集客・売上を加速させる出版企画の考え方

投稿日:2014年6月3日 更新日:

集客につながる出版企画の考えてみましょう。

 

出版する本は、メディアです。

メディアということは、ある意味ではツールなんですね。

ツールである以上、目的を達成させるためのモノでなくてはなりません。

 

では、あなたは出版して、どこに集客したいですか?(集客)

あなたは出版して、何を販売したいですか?(販促)

あなたは出版して、どう思われたいですか?(ブランディング)

 

そして、そのためには、“誰に”“何を”伝えなくていけないのでしょうか?

 

ここで設定する“誰に”が読者ターゲット、“何を”が出版する内容となります。

そして、その読者ターゲットに伝えたい内容は、どういう人に言われたら納得し、信用されるのかを考えてみてください。

それが、著者プロフィールになります。

 

とりあえずで出版しても、ある程度の“著者”というブランドは手に入りますが、しっかり目的を持って出版しなければ、そこからビジネスにつながることはありえません。

 

なので、集客につながる出版を目指すのであれば、最初に目的を設定し、そこから逆算する形で出版企画を考えるのです。

そうすることで、あなたの目的を達成させてくれる出版をすることができることでしょう。

 

 

ad

ad

-集客・売上につながる出版企画の考え方

執筆者:

関連記事

集客・売上を加速させる出版企画とは

出版の企画を考える場合、ベストセラーを狙うのか、仕事につながる本を狙うのかで、企画の考え方が違います。   最初からベストセラーを狙うのであれば、本屋さん以外でも拡散されるような企画を考えま …

集客・売上を加速させるには、2つの視点で出版企画の優位性をアピールする

出版企画を考える場合、ついつい自分がアピールしたいことを優先してしまいます。 しかし、そのアピールポイントが、読者にとって魅力と感じない、もしくは読者に気づかれていないとなると、全く意味がありません。 …