DTP制作

*

集客・売上を加速させる出版企画とは

出版の企画を考える場合、ベストセラーを狙うのか、仕事につながる本を狙うのかで、企画の考え方が違います。   最初からベストセラーを狙うのであれば、本屋さん以外でも拡散されるような

続きを見る

継続的に出版して集客・売上を加速させる

出版して集客をするのであれば、一冊ではほとんど意味がありません。 継続的に出版をして、集客をしながら、自分の専門領域を獲得していく必要があります。   そのためには、著者と

続きを見る

出版した本から集客・売上を加速させるための導線を引く

本を出版したからといって集客できるのは、ごくわずかです。 もちろん、出版する企画の問題もありますが、ほとんどの場合が集客するための導線が引かれていません。   せっかく出版

続きを見る



ad

  • ▼10年連続、50冊以上の出版を決めてきた▼
    本物のノウハウ!



    • 集客・売上を加速させる出版企画とは
    • 出版の企画を考える場合、ベストセラーを狙うのか、仕事につながる本を狙うのかで、企画の考え方が違います。   最初からベストセラーを狙うのであれば、本屋さん以外でも拡散されるような企画を考えます。 本屋さんだけで売れたとしても、10万部以上を狙うのはなかなか厳しいですからね。 つまり、雑誌・新聞・テレビなど、他のメディアで面白がって紹介されるような切り口を考えるんです。 ...
    • 継続的に出版して集客・売上を加速させる
    • 出版して集客をするのであれば、一冊ではほとんど意味がありません。 継続的に出版をして、集客をしながら、自分の専門領域を獲得していく必要があります。   そのためには、著者として軸を決め、それをぶらさずに、その専門家として確立してください。   そのために、どこを軸にするのかを考えましょう。 考え方としては2つあります。 あるテーマの専門家を目指すこと、そし...
    • 集客・売上を加速し続けるために継続的に出版するしくみを作ろう
    • 出版は、一冊、出版すれば、そこそこ集客できます。 しかし、その集客は一過性のもので、半年もすれば、その効果は無くなってしまいます。 かといって、継続的に出版するためには、最初の一冊が売れていなければなりません。   ということは、“本を売るしくみ”と“本を出すしくみ”を持つ必要があるということです。   では、その二つの仕組みをどう構築していくのかですが、そのた...
    • 集客・売上を加速させるための出版企画の立て方
    • 出版して、集客につなげたいと思ったら、何でもかんでも出版したらいいわけではありません。 とくに一般書で出版することは避けるべきです。 理由は簡単、一般書は一般の人、つまり、不特定多数が読む本ということになります。 何でもそうですが、不特定多数に告知しても、集客にはつながりませんよね。   では、どんな本を出すべきかというと、専門書です。 自分自身が何かしらの専門...
    • 出版した本から集客・売上を加速させるための導線を引く
    • 本を出版したからといって集客できるのは、ごくわずかです。 もちろん、出版する企画の問題もありますが、ほとんどの場合が集客するための導線が引かれていません。   せっかく出版して、読者に喜んでもらい、信頼関係が築けたとしても、それで終わってしまってはもったいないですよね。   では、どうすればいいのかということですが、一番、重要なのは、著者プロフィールのページにメールア...
PAGE TOP ↑